ホーム  
3Dラーニング・アソシエイツ

2012年開催の独自セミナー

 2012年に開催した独自セミナーのご案内です。
● 3Dラーニング・アソシエイツ独自セミナー  募集要領 ●
※本セミナーは7/17をもって申込みを締め切らせていただきました。以下は参考情報としてご覧ください。

<開催趣旨>
グローバルな競争が激しくなるにつれて、「HR部門はもっとビジネスに貢献すべき」という声は、日増しに高くなっている。しかし「何をしたらよいのか判然としない」というのが、多くのHR関係者が感じていることではないか。

世の中に戦略論やマーケティングに関する情報はあふれているが、それらと人材マネジメントとをどのように結びつけたら良いのかがよく分からないというのが本当のところであろう。
だが、グローバルな競争時代に生き残れるHRマネジャーであろうとすれば、この問題を避けて通ることはできない。

そこで、戦略とは何かを人材マネジメントの視点から理解するとともに、戦略を実現する能力としての人材マネジメントの在り方を認識する手掛かりを提供しようというのが本講座の狙いである。
セミナー名
HRマネジャーのための戦略論入門
コンセプト
・大人のための夏季講座 / 涼しい時間に快適な環境で / 本格的に学ぶ5回のコース(6回目は希望者のみ) / ネットワークの形成も目標の一つ
・少し楽しく、少し厳しく、少し贅沢
・戦略策定のワークショップあり
対象者
・人材マネジメントを将来にわたり自分の専門としたいと考えるHRマネジャーまたはHRコンサルタント。
・戦略と人材マネジメントに関心を持つ部課長職、またはその候補生。
カリキュラム概要
第一会合
【オリエンテーション セション】
・自己紹介、事前課題(読書感想文)の発表
・オープニングプロジェクト
なぜ戦略論を知ることが大切か
  1.ビジネス環境はどう変化したか
  2.グローバリゼーションの影響
第二会合
【戦略とはなにか(軍事から経営理論へ)】
  1.クラウゼビッツから即応戦略まで
  2.競争戦略、コア・コンピタンス、撃て・狙え
  3.戦略の成功・不成功の判定基準
第三会合
【経営戦略と人材マネジメント】
  1.人材マネジメントの変遷
  2.経営戦略と人材マネジメント
  3.事後的に決まる戦略と人材マネジメント
第四会合
【戦略とその実現能力】
  1.ダイナミック・ケイパビリティとしての組織
  2.「組織はビジネスモデルに従属する」と「ビジネスモデルは組織に従属する」
  3.一試合ごとに強くなるチーム
第五会合
【まとめ(戦略策定ワークショップ)】
  1.戦略策定ツールの解説
  2.実習「各人のキャリア目標達成のための戦略策定」
  3.宿題(キャリア戦略の見直し)
延長戦
【延長戦(希望者のみ)】
  1.宿題(各人が策定した戦略)の講評
  2.5回の会合の振り返りとQ&A
  3.今後の人材マネジメントの在り方、グローバルに活躍できるHRマネジャーなどについて自由討議
講師:3Dラーニング・アソシエイツ 代表 関島康雄
講師プロフィール等はメンバー紹介(別窓で表示)をご覧ください。
開催日時
および場所
第一会合
7月27日(金)7:00〜8:30
第一ホテル東京
第二会合
8月2日(木)7:00〜8:30 
第一ホテル東京
第三会合
8月25日(土)9:00〜12:00
3Dラーニング・アソシエイツ会議室
第四会合
9月4日(火)7:00〜8:30
第一ホテル東京
第五会合
9月11日(火)7:00〜8:30
第一ホテル東京
延長戦
9月29日(土)11:30〜15:30
大磯 関島邸
※第一ホテル東京での会合は、コーヒーとデーニッシュ付き。

<会場地図>
第一ホテル東京 (東京都港区新橋) 
公式ホームページ(別窓で表示)
http://www.daiichihotel-tokyo.com/web/access/index.html

3Dラーニング・アソシエイツ (東京都港区西新橋)
所在地は連絡先/MAP(別窓で表示)をご参照ください。

定員
25名(最少実行人数は10名)
受講料
お申込み後、一週間以内に55,000円を銀行振込にてお支払いください。
※第一会合〜第五会合までの、お一人様あたりの参加費用が含まれています。
※「延長戦」は、別途会費制となります。
※振り込み先は申込書をご参照ください。
※参加人数が確定後、人数に応じて下記の通り差額をご返金します。
  10名〜14名 :ご返金無し
  15名〜19名 :2,500円ご返金(実質費用52,500円)
  20名〜24名 :5,000円ご返金(実質費用50,000円)
  25名 :8,000円ご返金(実質費用47,000円)
事前課題
課題図書を読み、感想文(A4/2枚程度)を、お申込みと同時にご提出ください。
<課題図書>
「ドイツ参謀本部-その栄光と終焉」 渡部昇一 
(祥伝社新書168 または渡部昇一著作集/歴史2)
※中公新書版は絶版のため新本では入手できません。
申込方法
申込書と事前課題をメール添付(またはFAX)にてお送りください。
●申込書および事前課題フォーマット
研修参加(変更)申込書(Word/44KB)
●送付先
【メール】sekijima-3dla@y9.dion.ne.jp
【FAX】03-3591-6613
申込期限
2012年7月17日(火)
※期限前でも定員になり次第、募集を締め切らせていただきます。

【申込み人数情報】
14名様のお申込みをもって締切りとさせていただきます。
お申込みありがとうございました。

*プレ アナウンス*
● 3DLA独自セミナー事前案内(4) ●

開催日時、カルキュラムの詳細、受講料などについて原案を紹介します。

開催日時
および場所
第一会合
7月27日(金)7:00〜8:30
第一ホテル東京(またはアネックス)
第二会合
8月2日(木) 同上
第三会合
8月25日(土)9:00〜12:00
当社会議室
第四会合
9月4日(火)7:00〜8:30
第一ホテル東京(またはアネックス)
第五会合
9月11日(火) 同上
第六会合
(延長戦)
9月29日(土)11:30〜15:30
大磯 関島邸
カリキュラムの概要
第一会合
【オリエンテーション セション】
・自己紹介、課題図書感想文の発表
・オープニングプロジェクト
なぜ戦略論を知ることが大切か
  1.ビジネス環境はどう変化したか
  2.グローバリゼーションの影響
第二会合
【戦略とはなにか(軍事から経営理論へ)】
  1.クラウゼビッツから即応戦略まで
  2.競争戦略、コア・コンピタンス、撃て・狙え
  3.戦略の成功・不成功の判定基準
第三会合
【経営戦略と人材マネジメント】
  1.人材マネジメントの変遷
  2.経営戦略と人材マネジメント
  3.事後的に決まる戦略と人材マネジメント
第四会合
【戦略とその実現能力】
  1.ダイナミック・ケイパビリティとしての組織
  2.「組織はビジネスモデルに従属する」と「ビジネスモデルは組織に従属する」
  3.一試合ごとに強くなるチーム
第五会合
【まとめ(戦略策定ワークショップ)】
  1.戦略策定ツールの解説
  2.実習「各人のキャリア目標達成のための戦略策定」
  3.宿題
第六会合
(延長戦)
【延長戦(希望者のみ)】
  1.宿題(各人が策定した戦略)の講評
  2.5回の会合の振り返りとQ&A
  3.今後の人材マネジメントの在り方、グローバルに活躍できるHRマネジャーなどについて自由討議
受講料
※最少実行人数を10名とします。
  14名まで :55,000円
  15名以上 :52,500円
  20名以上 :50,000円
  25名(定員) :47,000円
今後の日程
最終的に決まった募集要項は5月21日(月)に発表を予定しています。
  募集開始:5月22日(火)
  募集締切:
7月17日(火)
  参加者決定:事前課題提出後5日以内
決定済みの人数はホームページセミナー案内に掲載します。

開催趣旨、コンセプト、対象者、参加申請については下記の「3DLA独自セミナー事前案内(1)」をご参照ください。

課題図書、第一会合〜第二会合の学習目標は、下記の「3DLA独自セミナー事前案内(2)」をご参照ください。

第三会合〜第六会合の学習目標は、下記の「3DLA独自セミナー事前案内(3)」をご参照ください。

*プレ アナウンス*
● 3DLA独自セミナー事前案内(3) ●

(2)に続いて、第三会合以下の学習目標を解説します。

各会合の学習目標
第三会合:経営戦略と人材マネジメント
  これまでの人材マネジメントの歴史を振り返り、「経営上の課題と人材マネジメントに求められてきたこととの関係を理解する」ことを目標とします。

その上で、戦略に基づいて作られる経営計画と人材マネジメントの関係について考え、「事前に決まる戦略と事後的に決まる戦略の違いとそれに伴う人材マネジメントの違いについて認識できるようになる」のが狙いです。

第四会合:戦略とその実現能力
  戦略実現能力としてもっとも重要なものの一つが組織です。組織は人や技術、意思決定のプロセスや文化等を体現したものです。

それ故、「組織の構成原理を理解」し、「戦略と組織の関係を認識」したうえで人材マネジメントに取り組むことが今後のHRマネジャーに求められます。

さらには、組織学習といった視点から、一試合ごとに強くなるチームとはどのようなチームかといったテーマについても検討します。

第五会合:まとめ(戦略策定ワークショップ)
  3Dラーニングとは、学習には1)知識という刺激をうける、2)心が動く、3)学んだことを使う、という3つの局面 Dimensionが必要という考え方です。

本講座でも、まとめにあたって、3)を試みます。戦略理論は、会社での業務にも個人生活にも適用可能ですが、今回は各人「キャリア目標達成のための戦略策定を実際に実行」してもらいます。

そのための手順をワークショップ形式で解説します。出来上がった戦略はリエントリー・プログラムとして活用してもらいます。

第六会合:延長戦(自由討議)
  第六会合は希望者のみを対象とする半日コースで、これまで学んだ戦略論をベースに、「5会合の振り返りとQ&A」、「今後の人材マネジメントの在り方」、「グローバルに活躍できるHRマネジャーとは」等について、自由な形で発表・討議するものです。

アルコール、食べ物ありのパーティ形式でおこないます。場所は大磯の関島の別荘を予定しています。

その他
カリキュラムの詳細、開催日時、場所などは事前案内(4)で紹介します。
最終的に確定した募集要項は5月中旬にご案内の予定です。

開催日時、開催趣旨、コンセプト、対象者、費用、参加申請については下記の「3DLA独自セミナー事前案内(1)」をご参照ください。

場所、課題図書、第一会合〜第二会合の学習目標は、下記の「3DLA独自セミナー事前案内(2)」をご参照ください。

*プレ アナウンス*
● 3DLA独自セミナー事前案内(2) ●

セミナーの内容が、少しずつ固まってきていますのでご紹介します。

セミナー名
大人のための夏季講習「HRマネジャーのための戦略論入門」
大人のための講習シリーズとして今後、キャリア開発、リーダーシップやチームビルディングといったテーマでセミナーを開催する予定ですが、その第一弾です。
場所
「第一ホテル東京」あるいは「第一ホテルアネックス」
JR新橋駅より徒歩2分です。7時から8時30分の会合は交通の便の良い上記の場所で開催します。
【第一ホテル公式HP】http://www.daiichihotel-tokyo.com/
課題図書
課題図書を、「ドイツ参謀本部-その栄光と終焉」 渡部昇一 祥伝社新書168 としました。

  戦略論は、戦争に関する理論から経営に関する理論へと遷移しましたが、日本の場合、欧米と異なり学校では軍事に関する知識は教えません。このため軍事に関する常識がグローバルな水準に比べ著しく劣るという弱点を抱えています。

本書はナポレオン戦争から第二次大戦までを取り上げていて上記の弱点を補う上で最適と判断しました。また、ドイツ参謀本部は近代的組織の原型の一つで、戦略と組織の関係を考える際、大いに参考になる事例でもあります。

各会合の学習目標
第一会合:オリエンテーション セション
  グローバルな競争に生き残るための条件の一つは、適切な戦略を選択できるかどうかです。そこで、現在の競争の仕方は従来のものとどのように変わってきたかを、ITビジネスを題材に検討し、「競争の仕方と戦略の関係を理解する」ことを目指します。

  また、本講座の狙いの一つにHRマネジャー間の人的ネットワークの形成がありますが、その第一歩として「お互いを知る」機会とし、感想文の発表やオープニングプロジェクトに取り組んでもらいます。

第二会合:戦略とは何か(軍事から経営理論へ)
  軍事戦略論を孫子の理論から第二次大戦後の戦略論までを概括した後、経営戦略論がどのように進化したかを検討します。

軍事、経営の両面を見ることにより「戦略とは何かを本質的に理解する」ことが目標です。さらには、戦略と戦術の違い、戦略が成功したかどうかの判定基準などが分かり、他人に説明できるようになるのが狙いです。

  (以下は事前案内(3)で解説します)

その他
計画が固まり次第、順次セミナー案内にてご案内いたします。

開催日時、開催趣旨、コンセプト、対象者、費用、参加申請については下記の「3DLA独自セミナー事前案内(1)」をご参照ください。

*プレ アナウンス*
● 3DLA独自セミナー事前案内(1) ●
セミナー名
HRマネジャーのための戦略論入門
開催趣旨
  グローバルな競争が激しくなるにつれて、「HR部門はもっとビジネスに貢献すべき」という声は、日増しに高くなっています。しかし「何をしたらよいのか判然としない」というのが、多くの人事・勤労関係者が感じていることではないでしょうか。

世の中に戦略論やマーケティングに関する情報はあふれていますが、それらと人材マネジメントとをどのように結びつけたら良いのかがよく分からない、というのが本当のところでしょう。しかし、グローバルな競争時代に生き残れるHRマネジャーであろうとすれば、この問題を避けて通ることはできません。

そこで、戦略とは何かを人材マネジメントの視点から理解するとともに、今後どのような人材マネジメントが求められるかを認識(注)する手掛かりを提供しようというのが本講座の狙いです。

注)「認識」とは現在は十分に理解できないが、将来には理解する必要があると考えること

セミナー
コンセプト
簡単に得られる知識は簡単に失われてしまうので、本講座は、お手軽なコースではなく、「本格的に勉強する5回のコース」とし、「6回目もありうべし」という構成とします。「少し楽しく、少し厳しく、少し贅沢に」が基本方針です。
対象者
対象は、人材マネジメントを将来にわたり自分の専門分野としたいと考える課長クラス及びその候補生で、本講座を受講するのがふさわしいと認められた者(偉そうに言って申し訳ないですが、講座の質は参加者によっても左右されるので)であること。
日時
6月から8月にかけて月1〜2回程度の頻度で、原則、平日の朝7時から8時半の時間帯で開催。
場所
当社および近隣ホテルの会議室。(新橋)
内容
(「こんな感じ」といった仮の案です)
事前課題: 指定の本を読み、感想文と経歴書提出、そのあと受講者決定。
1日目:
(夕方開催)
【オリエンテーション セション】
・感想文発表
・オープニングプロジェクト
・講義「なぜ戦略論を知ることが大切か」
2日目:
(朝)
【戦略とはなにか(軍事から経営理論へ)】
・孫子、クラウゼヴィッツ、リデルハート
・第二次大戦後の軍事戦略論
・産業組織論と競争戦略
・経営戦略論の変遷
3日目:
(土曜日半日)
【経営戦略と人材マネジメント】
・人事管理、労務管理からヒューマンリソースへ
・経営計画とHRM
・事後的に決まる戦略とHRM
4日目:
(朝)
【戦略とその実現能力】
・組織論
・「組織は戦略に従属する」と「戦略は組織に従属する」
・一試合ごとに強くなるチーム
5日目:
(朝)
【まとめ(戦略策定ワークショップ)】
・戦略策定ツールの解説
・自己のキャリア開発戦略の策定実習
延長戦:
(希望者のみ、休日半日)
・今後のHRMの在り方
・グローバルに活躍するHRマネジャーとは

費用
  以上のような内容でどのくらい参加希望者がいるか不明なので、費用の見積もりは難しいですが、最低実行人数を10名、定員を25名として、1会合・人/1万円程度。
  ただし参加者が増加すれば割引を考えます。例えば、15人を超えれば10%、20人を超えれば20%など。
その他
計画が固まり次第、順次セミナー案内にてご案内いたします。日程が合えば参加したいと思う人、企画に参画したいと考える人は、当方にご連絡ください。
*連絡先はこちら
 
Copyright since 2006  3DLearningAssociates All Rights Reserved.